生き方

始まりの合図!

はじめまして。凡太郎です!

社会人になり約20年、時には頑張り、時にはサボり、気が付いたらあっという間に「おじさん」と呼ばれる世代になりました。

会社員としての将来はもう見えつつある今日この頃ですが、人生をより充実させるために、毎日、面白いことを探して、試して、今日よりちょっと良い明日を過ごしていきたいと思っています。

そんな想いから、このブログでは「おじさんの奮闘記」と題して、七転八倒しながらも何かをつかみ取り、人生100年時代に立ち向かおうとする自分の生き様を綴っていこうと思います。

と、その前にブログをはじめることになったきっかけをご紹介します。(今回はちょっと真面目な話になります)

ブログを始めたきっかけ

毎日、仕事に、家族に、忙しく過ごす中、目に見える充実感と漠然とした閉塞感を感じつつ、これからもこういった日々が続いていくんだろう・・・と思っていた矢先、突然の交通事故が起きました。

奇跡的に全員大きな怪我も無く、まさしく九死に一生を得たものの、状況も分からなかった事故当日の夜は病室では色々な思いが駆け巡りました。

相手の方は、家族は、本当に無事なのか?自分はどういった罪に問われるのか?仕事は今まで通り出来るのか?何故もっと適切な判断が出来なかったのか?・・・

結果的に全員無事だったことが分った時は心から安堵しました。

自分の人生で、今まで失敗として記憶に残ることはいくつもありますが、この経験に比べれば、全て取るに足らない些細なことと気づかされました。

この幸運に感謝し、そして自分がこれから何をすべきなのか考えたとき、失敗を糧にして、兎にも角にも前に進んで行くしかないと考えて、直感的に3つのことを決意しました。

残りの人生、悔い無く出し尽くすこと

「生きてりゃなんとかなる」

良い言葉だと思います。今までの座右の銘でした。

ただ、せっかく生きているのなら毎日をより豊かに、より楽しく、そして誰かに必要とされて生きたいと改めて強く意識しました。今までどこかで諦めていたことも躊躇せずチャレンジして少しでも自分の可能性を広げることにしました。

そのため今後はこの言葉も座右の銘に加えることにしました。

「Never, never, never give up」=「決して、決して、決して(この先も)あきらめるな」

全てのことに「感謝」すること

普段は感じなくとも、不幸に遭遇したときに、改めて今まで「当たり前」だったことが、実はとんでもなく幸せなことだったと気づくことは多かれ少なかれ、誰しも経験があると思います。

身近なところでは、病を患ったとき、事故に遭遇したとき、そして、自分でどうしようも出来ない天災、身内の死など、思い浮かべれば枚挙に暇がないと思います。

中身の重さの程度は様々ですが、何とか乗り切ったとき、誰しも何かに「感謝」すると思います。

私自身は今、この瞬間、今回の事故を対応していただいた全ての方々に感謝しており、この想いが風化しないように深く心に刻むこと、また、私自身がもっと誰かの助けになる働きが出来る人間になりたいと決意しました。

自分の考えを発信すること

このブログを始めた直接的な要因です。

人の役に立ちたいと思ったとき「伝える」手段が欲しいと思いました。真っ先にTwitterなどのSNSが思い浮かびましたが、文章量としては少ない。さて、どうしようと思ったとき、かねてより興味があったブログに挑戦しようと思いました。

ここまで少し真面目な話が多くなってしまいましたが、要するに今は「頑張る皆さんと面白いこと、楽しいこと、役に立つことをシェアして充実した日々を過ごしたい」と強く願っています!

あと何年健康に生きられるか分かりませんが、先の不安におびえるより、愚直に今出来ることを精一杯やろうと思います。

このおじさんの奮闘記を通じて、皆さんが少しでも役に立つな!面白いな!!と思っていただけたら幸いです。